エンドツーエンドの
セキュリティ

使用デバイスのセキュリティ違反リスクを排除します

ゲストの方々に、より快適なユーザビリティを。

エンドツーエンドの
セキュリティ

MyQのセキュリティでは、ネットワーク上の任意デバイスを使用した印刷、機密文書の電子透かしの追加、最新セキュリティポリシーとトレンドの準拠が可能です。 MyQの包括的なセキュリティは、あなたのデバイスを使用中だけではなくその前後でもガードします。

プルプリント

もう機密情報が漏洩する心配はありません

MyQのプル プリンティングなら、ユーザーはIDPIN、ユーザー名とパスワードまたはMyQモバイルアプリによる認証で、文書の印刷ジョブを完全にコントロールできます。 ユーザーのジョブはMyQサーバー内に安全に保存され、ジョブオーナーが選択したプリンタで印刷するまで待機します。 これなら、ctrl+Pキーを押してからプリンタに印刷物を取りに行くまでの時間が節約できます。

プルプリント

クライアント スプーリング

接続していなくても大丈夫。

クライアント スプーリングは、データ転送最大速度が問題になる恐れのある遠隔地を含む、多くの支社を持つ組織に実用的な機能です。クライアント スプーリングを使うとジョブはサーバーではなく、ユーザーPC上のアプリケーションに送信されます。 これにより、転送されるデータ量と消費される帯域幅が大幅に削減されます。 ジョブのメタデータのみがプリントサーバーに送信され、MyQネットワーク内の任意デバイスでユーザー認証に使用されます。 ジョブがユーザーのPCやラップトップから印刷された後、プリンタはアカウンティングデータをMyQサーバーに送信します。

MyQ エンタープライズ、エデュケーション、ガバメントの各エディションで利用できます。

クライアント スプーリング

デバイス スプーリング

接続がクラッシュした場合のセーフティネット。

デバイス スプーリングなら、プリントサーバーがオフラインでも書類が印刷できます。 キューに送信されたジョブはMFPのメモリに暗号化して保存され、最大10台のプリンタで1週間共有できます。 ユーザーは、プリンタとサーバー間に接続がない場合でも、これらいずれかのプリンタで自身を認証してジョブを続行できます。 接続が回復すると、MFPはその間に実行されたジョブデータをサーバーデータベースに送信します。

ほとんどのJava端末で使用できます。 

デバイス スプーリング

電子透かしの使用

外部への機密情報漏洩を防ぎます。

テキスト下に薄い灰色の「TOP SECRET」サインを印刷することだけが、機密文書に電子透かしを付ける目的ではありません。 文書を紛失した場合、機密データの動きを追跡するのにも役立ちます。 電子透かしは、印刷担当者の名前と連絡先詳細を含めたデザインにでき、配置も自由に決められ、様々なサイズと透明度を設定することができます。

  MyQ スマート以上のプランで利用できます。

 

 

電子透かしの使用

データ暗号化

データ保護法とプライバシーポリシーを守ります。

MyQ開発チームは、顧客ニーズ、業界トレンドだけでなく、プライバシーポリシーも充分に考慮しています。

ユーザー、サーバー、プリンタ間通信、そしてプリンタからのステータスデータの読み取り、すべてのデータが暗号化されます。 MyQなら、機密データとなるユーザー情報と利用履歴を含むデータベース全体も暗号化が可能です。

MyQはユーザーの印刷プライバシーを保護するので、どんな組織でも安心して使用できます。 MyQのソフトウェアは、EU一般データ保護規則などのセキュリティポリシーやトレンドのニーズに合わせて常に改良、適応されています。

MyQ スマート以上のプランで利用できます。

 

データ暗号化

お問い合わせください!

+420 228 800 697
営業時間外

すべての欄に入力してください